スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DF攻略記事まとめ後半戦その2

意外にもはなしがながくなったような気がしますが気のせいでしょうか・・・手が痛いです。
ではDF戦で一番大事な第2形態についてお話します。ココはテストに出ますよ☆

じゃあ、第2形態について、発生タイミングは台詞で「面白い 面白いぞ烏合」と話すと同時
に、頭の周りに羽が生え、手が再生、最初の攻撃がメテオがくればそこから第2形態です。

攻撃モーションはいくつかありますが、気になるかなって思う攻撃を一部抜粋しますね。



「これならどうだ」
・第一形態では上腕と下腕以外の2本を突き出し、黒弾を打ち出してくる。
攻撃前に一瞬溜めるので掌が自分の方を向いていたらガードか回避。
『良きたぎる闘争よ』との違いは、後ろに引いた側の手で攻撃をしかけてくる。
目印は手の平で蓄えられる黒弾。
また、腕は一定の位置で止まり黒弾を飛ばしてくる。
・第二形態では第一形態の2本の腕に、下腕を含めた3本の腕で行うため横の範囲が大幅
に増大する。下腕の位置は3本の真ん中。
      (本体)
 ○×○ or ○×○
「良きたぎる闘争よ」
・第一形態では上腕と下腕以外の2本で張り手攻撃。
やはり攻撃前に一瞬溜めるので自分の方を向いていたらガードか回避。
『これならどうだ』との違いは、フィールド近くにかざした手で攻撃をしかけてくる。
腕はターゲットの居る所、本体のいるフィールドの反対側まで伸びる為、腕の赤い部分の場
所は安定しない。
・第二形態では第一形態の2本の腕に、下腕を加えた3本の腕で
フィールドにかざした腕とは逆の腕を伸ばしてくるので注意。
やはり腕は遠くまで伸びる場合があるので腕の赤い部分の場所は安定しない。
下腕の位置は3本の真ん中で『これならどうだ』と同じ
      (本体)
 ○×○ or ○×○ 

「刮目せよ 我こそダークファルス・エルダーなり」
・フィールドの中央広範囲に即死級のダメージを与えるのしかかり攻撃。
全ての腕を使ってエリア端を掴みかかるが、全範囲攻撃ではないので位置取りで回避でき
る。この時エリアが傾いていくと同時に、フィールド中央に向けて引きずり寄せられる。
グワナーダの吸い込みと違いジャンプ中でも引き寄せられる。''安全地帯はフィールドの端。
幸い引き込む力はさほど強くないのでフィールド端に走り続ければ容易に回避できる。
下腕は本体側のフィールドの隅で支えをしている。
他の腕が本体の反対側のフィールドの隅を支えていて、肩越し視点で破壊を狙う事ができ
る。遠距離職の人は積極的に狙っていこう。但し攻撃自体の回避も疎かにしないよう気をつ
けよう。


                                        (PSO2wikiより抜粋)

では、上から順に説明します。
ってかほぼ2つは、同じモーションです。だけど、かなり重要なことを説明したいので載せ
ました。重要なこととは「攻撃後の手の位置」です。
上にも書いてありますが、第2形態時は一番下の腕も攻撃してきます。が、前にも言ったと
思いますが、一番下のうでは破壊できません。なので、本当に倒すときにのみ攻撃をした
方がいいと思います。まあ、3本あったら外側でいいですが、2本のときは、腕の生え際で
確認しましょう。

活目(Ry は最初は苦しめられる攻撃だと思いますが、実は意外と避けるのは簡単ではな
いでしょうか?しかし大事なことは、「このときに腕が攻撃できる」ということです。
なので、死なない程度ではありますが、やってみる価値はあるとおもいます。

じゃあここからはファルスに有用である攻撃について
まあ・・・皆さん知っていると思いますが、「ショック」がアーム、本体共にかなり有用で
す。なので、近接、射撃職はスキル「ショック」を、テクニックは「ゾンデ系」があると戦
いが楽になるでしょう。しかし、本体の「ショック」は注意が必要です。
なぜかはわかりませんが、「本体へのショックは5回が限界」ということらしいです。なの
で第1形態でショックさせ続けると、第2形態での上段の腕破壊がほぼ絶望的になります。
これは上段の腕が張り手などの攻撃モーションに参加しない為、手首の弱点が出ず、破壊
不可能になるためです。なので、第1形態はショックを控えることをお勧めします。ちな
みにショック状態にするのに、部位は関係ないらしいです・・・(たぶん)あと、属性は
光、雷属性がよく通ります。

本体画像3
今度は部位破壊での例外について、先ほどから何度か言っていますが、「一番下の腕」「台
座につかまっている状態の腕」は破壊できません。(活目のときの腕は一部破壊可)なので
討伐時以外は攻撃を控えると部位破壊しやすいです。またコアも同様の理由で攻撃を控え
るとよいです。


と、大体は説明したと思います。ほかにもたくさん細かい情報があるので、wikiなど見て
補完してください。ちなみに私はFoでしか行った事ないです(ってか無理)。Foは当れば確
実に瀕死か戦闘不能ですが、ミラージュエスケープのおかげで意外に生存率が高いです。
普通に第2形態のビームやら張り手やらを素道りして手首に行くこともできます。ただし、
何回か練習必要ですけどね。あとは、ほかの職についてもですが、「周りをよく見ること」
が生存率を上げる方法であるとおもいます。特にアーム戦での乱戦時は、攻撃中に周りを
見ることを怠らないことですね。

あとクエスト終了後です。ココはチームでも、野良でもいえることですが、

「赤箱(赤宝石)は全員が動けるようになってから空けましょう」

なぜかというと、ムービー中に空けられると、中身が出ないなどの不具合もそうですが、一番は

「空けた瞬間のドキドキ感がなくなる」

のが一番いけないことだと思います。これは、チームでPT組んでいるときだけでも、守って
あげるとよいです。空けてもらうときは、マスターやPTリーダーに任せてみましょう。

以上で説明を終わりたいと思います。早く☆11や☆12を出したいなぁー。

あと、しつこいようですが、「これは効率を上げるために従わなくてはいけない。」ことで
はなく「死なないように、楽しくDFが狩れるように」の情報です。うちはガッチガチの効率
って嫌いなので、って言うか楽しくないのでしたくないのです。

ゲームは楽しく遊べるように、ではバィバィ!(≧▽≦)ノシ))

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト http://pso2.jp/
PSO2 Wiki http://pso2wiki.net/
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。